サイト内検索 powered by Google

京都ちょっとご紹介

法華宗 大本山 本能寺    蔵丘洞すぐ裏




当画廊のすぐ裏にある本能寺。一歩中へ入ると街中にあるとは思えない静かさです。
元々あったのは現在の場所より西にありましたが、創建500年の間で五度の焼失、七度の建立を繰り返し現在に至っています。


 


6月11.12日は「信長まつり」を開催。
信長はことのほか碁を好んでおり、上洛の際はこの本能寺でたびたび碁会をして楽しんだようです。
おまつり期間は、囲碁大会や信長にゆかりの人物たちが近辺をパレードしたり、イベントが沢山予定。


「本能寺の変」
1582(天正10)年6月2日 織田信長の腹心であったはずの明智光秀が謀反(むほん)を起こし、信長の宿所の本能寺に火を放ち、信長が炎の中で自刀。境内には信長公の墓所がひっそりとたたずむ。




その前日6月1日信長は、昼間公家、町衆40名程招待し、名品38種の茶道具を持参し、御茶会を催し、夕刻には晩餐会、夜には本因坊日海上人と鹿塩利賢の囲碁の御前試合を見て就寝したようです。
宝物展示室には、信長の遺品や桃山時代の工芸品など多数所蔵されており公開。
例えば本能寺の変の前日の大茶会にも使われたとされる「霰(あられ)釜」や、茶碗のほか、「本能寺の変」で焼けた跡の残る茶入れ、森蘭丸の背負い刀、細川晴元が本能寺に送った「鉄砲の礼状」や、信長の署名と花押を記した「屏風の礼状」やなど。(展示内容は変わります)


一番上へ




ご存知でしょうか・・・
本能寺には江戸時代後期の南画家浦上玉堂と春琴父子のお墓もあるのです。


浦上玉堂(1745~1820)


岡山池田藩の支藩鴨方藩の藩士の家に生まれる。玉堂は江戸勤務となったが、幕府の医官多岐藍渓に琴を習う。玉堂という号は、手に入れた中国製の七絃琴の銘“玉堂清韻”によって玉堂琴士と号したのに由来。
妻と死別し、1794年(寛政6)に春琴・秋答という2人の子息を伴い、城崎温泉に遊び、脱藩して琴を抱え放浪する。画家としての玉堂は、池大雅と並び称されるほどの優れた南画家だったが、誰に学んだかは明らかでない。残っている作品は60歳以後のものが多く、すべて水墨。
リズミカルな筆致と繊細な渇筆とを駆使し、自然の深みや重みを画面に描く。



もちろん玉堂の軸も宝物殿に所蔵されてます。


一番上へ




本能寺の門を出ると寺町通り。この通りにはいろんなお店が立ち並んでいます。
本能寺界隈のお薦めのお店をご紹介します。



亀屋良永蔵丘洞より徒歩30秒

上品な京菓子屋さん。『御池煎餅』は軽く焼かれ香ばしく風雅で京都らしい。黒糖ようかん『小倉山』も絶品!


小松屋蔵丘洞より徒歩1分30秒

和菓子屋さん。名物『八方焼』は皮と餡の調和に苦心して作られた懐かしい味。


コイズミ楽器店蔵丘洞より徒歩1分30秒

カスタネットから民族楽器まで豊富な品揃え。オーストラリア先住民アボリジニのディジュリドウ、馬頭琴、ケーナ等珍しい楽器の教室を開催。見学もできます。


鳩居堂蔵丘洞より徒歩1分40秒

ご存知京都本店です。


額縁のヤマモト蔵丘洞より徒歩2分30秒

蔵丘洞でもよくお世話になっています。数千種あるサンプルから選べます。オリジナル額縁まで親切に相談に乗ってくれます。


スマート蔵丘洞より徒歩2分30秒

創業以来変わらない自家焙煎のコーヒーが人気。ホットケーキや自家製プリン、ランチも美味しくて常連さんも多いです。


とり市蔵丘洞より徒歩3分

京都の特産品を扱うお店。春には朝掘りたけのこ、夏は京野菜の賀茂茄子、秋は松茸、冬には千枚漬と京都の四季を感じるお店。


彩雲堂蔵丘洞より徒歩3分

日本画絵具の専門店。温和で親切なご主人がいろいろ教えて下さいます。


晦庵河道屋蔵丘洞より徒歩3分

元禄時代から続くお蕎麦屋さん。京野菜の“丹波山の芋”をつなぎにつかい、昆布とかつおの上品な京の味。この店考案の具沢山の芳香炉はお2人以上で。




pagetop