京都 蔵丘洞画廊

蔵丘洞画廊 京都の美術画廊・アートギャラリー

お問い合わせは075-255-2232へお問い合わせは

井上有一 秀作選
-世界に誇る東洋の芸術-
Yuichi Inoue

脱落身心 123.7×55cm 1972年4月12日作 ボンド墨、和紙 額装

脱落身心 123.7×55cm 1972年4月12日作 ボンド墨、和紙 額装
Datsuraku-Shinsin / The casting-away of body and mind

世界が彼の前衛書を東洋独自の美術として評価し、書の本場中国においても現代書のバイブル的存在としての地位を獲得している有一作品を多くの方に再認識していただきたいと、毎年展覧会を続けてまいりました。彼の作品は大型のイメージがありますが、世界の巨匠がそうであるように、中サイズにも多く秀作を遺しています。狭い画廊に移転しましたので比較的飾りやすいそれらの作品を厳選し展観します。
1960年より冬の三年間だけ制作され希少で、美術造形として最も評価の高い”凍墨”の作品も新たに展観します。
時代を超え現代空間に凛とマッチングする井上有一作品の行方に想いを馳せたいと存じます。

蔵丘洞主人敬白


Yuichi’s avant-garde calligraphy is evaluated by the world as unique
oriental art and has gained a high position as the bible of modern
calligraphy even in China, the birthplace of calligraphy. We keep
holding exhibitions every year to let more people rediscover the
artistic quality of his works.

Although being famous for his large-sized works, Yuichi had also left
lots of excellent works of medium sizes, just like other masters of the
world did.

Being given limited space in our new gallery, we carefully selected from
those mid-size works for this exhibition.


Yuichi’s “Frozen Ink” works will also join the exhibition. These works were only painted during the winter of 1960~1962, which makes them very
rare and most highly evaluated for their artistic qualities.

I can’t help thinking of the future destination of Yuichi Inoue’s works
which go beyond generations and dignifiedly match with modern spaces.


井上有一 秀作選 -世界に誇る東洋の芸術-

作品紹介

気になった作品がございましたら
お気軽にお問い合わせください。
TEL 075-255-2232TEL 075-255-2232

開催概要

井上有一 秀作選 -世界に誇る東洋の芸術-

日時:
2022年3月1日(火)~3月31日(木) ※日曜休廊
March 1( Fri ) - 31( Thu ),2022
10:30 AM - 6:30 PM 
【closed on Sunday and holiday】
会場:
京都・蔵丘洞画廊(〒604-8091京都市中京区御池通河原町西入 ホテル本能寺1F)
【Zokyudo Gallery】 1fl, Nishi-iru, Kawaramachi, Oike dori, Nakagyo-ku, ,Kyoto-shi,